◎池谷なぎさプロフィール

女優・脚本家・演出家。

静岡県出身。

 1984年流山児★事務所「慧い彗星の一夜」出演者オーディション5000人の中から選ばれ流山児 祥の演劇団に参加。1990年の第三次演劇団解散まで女優として在籍。流山児祥いわく「妖しく震える肉体が透明感のある色気を放つ、最も"アングラ"の香りを残す女優」である。演劇団解散後、創作活動を開始。演劇団のメンバー数人と金星劇場を旗揚げし、以来4年に渡り脚本、演出、女優として活躍。 96年にグローシャ(gros chat)を旗揚げ。「悪童日記」で有名な小説家アゴタ・クリストフの「二人の証拠」を原作に「カノン〜彼の中の彼〜」を上演。以後グローシャで脚本、演出、女優として活躍中。
 作風は、一見お伽噺かと思わせる感があるが、これまでの一貫したテーマは生と死で、モチーフには狂気、暴力、エロスが挙げられる。彼女の特異な感性から紡ぎだされるひんやりとしたエロティックな物語は、大胆不敵で挑発的である。
 演出家としては、これまでに10作品以上の演出を手懸けている。自由な発想と大胆な解釈、緻密な計算の上に創り上げられる彼女の舞台は、いつも新鮮な感動を呼ぶ。また、オペラ「フィガロの結婚」(演出・高瀬久男)では演出部として、「百年の悦楽」(作・岸田理生)演出・佐藤信(世田谷パブリックシアター芸術監督)では演出助手を務めるなど、多方面でも実績を延ばしている。

●主な出演作品は、
[流山児★事務所]
「ラストアジア」(作・川村毅/演出・佐藤信)
「寿歌」(作・北村想/演出・流山児祥)
「青ひげ公の城」(作・寺山修司/演出・佐藤信)
「狂人教育」韓国公演(作・寺山修司/演出・流山児祥)
「血風ロック」映画(監督・流山児祥)
[金星劇場]
「セルロースの月」
[グローシャ]
「カノン〜彼の中の彼〜」「眠る月」「椿姫の恋」
「アルス・アマトリア 愛の技術」「夜みたいな夜」など
●経歴

2007年 11月 「ひかる君」(「源氏物語」実行委員会)[青山円形劇場]脚本

2004年 7月 「夜みたいな夜」(グローシャ)[阿佐谷アルスノーヴァ]作・演出
3月 「ドレッサー」作/ロナルド・ハーウッド(怪童堂プロデュース) [中野ザ・ポケット]出演

2003年 9月 「アルス・アマトリア 愛の技術」(グローシャ)[阿佐谷かもめ座]作・出演

2001年 12月 「椿姫の恋」(グローシャ)[ザムザ阿佐谷]作・演出・出演

2000年 7月 「フィガロの結婚」(モーツァルト劇場)[新国立劇場中劇場]演出部

1999年 8月 「ねざめのつきのうつつ」(グローシャ)[中野テルプシコール]作・出演
9月 「狂人教育」(流山児★事務所)[渋谷ジァン・ジァン/韓国ソウル]出演

1998年 12月 「パンドラの匣」(ルナティック・フリンジ)[下北沢「劇」小劇場]
9月 「眠る月」(グローシャ) [阿佐谷アルスノーヴァ]作・出演
4月 「アップスAPE-SHIT」(グローシャ)[阿佐谷アルテ・パティオ]作・演出・出演

1996年 8月 「カノン〜彼の中の彼〜」(グローシャ)[文芸坐ル・ピリエ]脚本・演出・出演
グローシャ(gros chat)旗揚げ。

1995年 10月 「おだいじに」作/中島淳彦(前田こうしんプロデュース) [渋谷ジァンジァン]出演

1994年 12月 「マンダリンオレンジ・イン・ライトシロップ」(金星劇場) [渋谷ジァンジァン]作・演出・出演
3月 「夜の果ての旅」(原作/セリーヌ)(ギュラテスタ!プロデュース) [文芸坐ル・ピリエ]出演

1993年 12月 「セルロースの月」(金星劇場) [阿佐谷アルスノーヴァ]作・演出・出演
2月 「グッピーパラダイス」(金星劇場) [阿佐谷アルスノーヴァ]作・演出・出演

1992年 8月 「新版・丹下左膳」 (はみだし劇場) [新宿花園神社テント]出演
5月 「原色夜伽草紙」(金星劇場) [阿佐谷アルスノーヴァ]作・演出・出演

1991年 12月 「リズロンの魔笛」(金星劇場) [阿佐谷アルスノーヴァ]作・演出・出演
5月 「シュンポシオン」(金星劇場) [新宿スペースDEN]作・演出・出演

1990年 12月 「ヴァイオレットピンク」(金星劇場)[阿佐谷アルスノーヴァ]作・演出・出演
第三次演劇団解散。金星劇場旗揚げ。
7月 「うさぎ」作/上村和彦、演出/流山児祥)[浅草テント]出演
5月 「流山児ハムレット」演出/流山児祥[本多劇場]出演
2月 「星月夜にグットバイ」作/北村想・演出/流山児祥[大田区民プラザ大ホール]出演

1989年 11月 「馨しき血」作/上村和彦・演出/流山児祥[浅草テント]出演
6月 「リバティバランスを射った男(改訂版)」作・演出/中澤誠(虹色冒険団)[アートシアター新宿]出演
9月 「流山児マクベス」演出/流山児祥[シアターアップル/広島]出演
5月 「青ひげ公の城」作/寺山修二・演出/佐藤信[本多劇場]出演

1988年 12月 「Paint It Black マクベス」演出/流山児祥[本多劇場]出演
「最後の淋しい猫」作/北村想・演出/流山児祥[本多劇場]出演
「寿歌」作/北村想・演出/流山児祥[本多劇場]出演

1987年 12月 「悪魔のいるクリスマス・アゲイン」作/北村想・演出/流山児祥[シアターアップル]出演
10月 「銀河★ザ・ロンリー・キラー」演出/流山児祥[下北沢ザ・スズナリ]出演
「魅惑の体温」作/桑名名子・演出/流山児祥[下北沢ザ・スズナリ]出演

1986年 11月 「ザ・孫悟空」作/桑名名子・演出/流山児祥[百人町アトリエ/名古屋/大阪/九州/他]出演
「恐竜」作/桑名名子・演出/流山児祥[新宿シアタートップス]出演
10月 「ラスト・アジア」作/川村毅・演出/佐藤信[用賀野外特設会場]出演

1985年 流山児★事務所、演劇団公演に多数出演。
2月 「フェアリーテール」作/北村想・演出/流山児祥[本多劇場]出演
10月 「線型宇宙」作/高取英・演出/流山児祥[下北沢ザ・スズナリ]出演

1984年 第三次演劇団参加。
流山児★事務所「慧い彗星の一夜」出演者オーディション合格。